旅の絵日記:2008年ドイツ 10

旧城、新城、ルストハイム城の3つの城と庭園からなるシュライスハイム城、ロマンティック街道をたどって中世の面影を色濃く残すネルトリンゲン、ディンケルスビュール、ローテンブルクを巡る。

旅の絵日記:2008年ドイツ 9

ケーニヒ湖の遊覧船に乗り聖バルトロメー修道院などを巡る。パンクのトラブルがあり午後の予定はすべて取りやめ。

旅の絵日記:2008年ドイツ 8

バイオリン作りで有名な、カラフルなフレスコ画で飾られた美しい家並みのミッテンヴァルト、ドイツアルプス山麓の湖水地方、ヴィルバルティッヒ巡礼教会、ドイツアルプスを背景とした教会の風景が美しいラムザウ、ドイツアルプスが眼前に迫るベルヒテスガー…

旅の絵日記:2008年ドイツ 7

バイエルン国王ルートヴィヒ2世の夢の城ノイシュヴァンシュタイン城、神秘的なリンダーホフ城、バロック様式の華麗なエッタール修道院、中世の手写本「カルミナ・プラーナ」が発見されたベネディクトボイレン修道院などを巡る。

旅の絵日記:2008年ドイツ 6

ボーデン湖の東部に浮かぶ小さな島の歴史的な町リンダウ、アルプス前山の渓谷クラインヴァルザータール、ロココ調の美しい内部を持つオットーボイレン・ベネディクト会修道院、中世の雰囲気を保つランツベルク・アム・レヒ、ヨーロッパで最も美しいロココ様…

旅の絵日記:2008年ドイツ 5

修道院の島として世界遺産のライヒェナウ島、花の島マイナウ島、バロック様式の室内が見事なビルナウ修道院巡礼教会、古城とワインのロマンティックな湖畔の町メーアスブルク、湖畔の可愛い町ヴァッサーブルクを巡る。

旅の絵日記:2008年ドイツ 4

ベイウインドウの家が立ち並ぶ中世の町ロットヴァイル、「黒い森で最も美しい町の一つ」と呼ばれている木組みの町シルタッハ、黒い森地方の古い農家などを集めた黒い森野外民俗博物館、黒い森の小さな町ザンクト・メルゲン、ドイツ屈指の大聖堂のあるフライ…

旅の絵日記:2008年ドイツ 3

ロマネスクからゴシック、ルネッサンス、バロックと時代の変遷とともに増改築した建築様式が見どころのベーベンハウゼン修道院、パステルトーンの壁と機気味の町が美しい大学町テュービンゲン、騎士物語「リヒテンシュタイン」の世界を再現したリヒテンシュ…

旅の絵日記:2008年ドイツ 2

ドイツ最古の大学を持つハイデルベルク、「ネッカー川の真珠」ヒルシュホルン城、葡萄畑の中のホーンブルク城、シュタウフェン王朝の宮廷が築かれたバート・ヴィンプフェン、塩と銀貨の鋳造で栄えたシュヴェービッシュ・ハル、コンブルク修道院を巡る。

旅の絵日記:2008年ドイツ 1

夕方ハイデルベルクに着き、早速観光。有名な「哲学者の道」からの眺めを楽しむ。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 11

ロマネスク、ゴシック様式の記念物が残る、周囲を丘で囲まれた美しい古都ウディーネ、世界遺産でヨーロッパ最大のモザイクが残るアクイレイアのサンタ・マリア・アッスンタ聖堂を巡る。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 10

ヨーロッパでもっと美しいと墓地の一つと言われるミロゴイ墓地、ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞、断崖絶壁の洞窟に抱かれるようにたたずむ難攻不落の洞窟城、中世ランゴバルド王国の遺した世界遺産があるチヴィダーレ・デル・フリウリを巡る。

第33回二翠会展のお知らせ

第33回二翠会展のご案内です。小生は水彩画5額7点を出展しています。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 9

バロック建築の多い「バロックの都」ヴァラジュディン、クロアチアの首都ザグレブを巡る

日比谷彩友会展のお知らせ

第50回日比谷彩友会が開催され、小生はパステル画2点を出展しています。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 8

ローマ皇帝の宮殿が起源の街スプリット、有名な彫刻家の家兼アトリエを使ったメシュトウロヴィッチ美術館、チーズとレース編みが有名なパグ島、エメラルドグリーンに輝く世界遺産のプリトウヴィツエ湖群国立公園を巡る。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 7

数ヶ所の展望台を回ってドウブロヴニク旧市街を眺望した後、スプリットの脇を固めるクリス要塞、ローマ時代の遺跡が残るサロナを巡り、スプリットではディオクレティアヌス宮殿の地下を見学。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 6

「アドリア海」の真珠と称えられる、世界遺産のドウブロヴニク旧市街を一日かけて観光。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 5

世界遺産の聖ロヴロ大聖堂等歴史的建造物がひしめくトウロギール、中世の街並みが残るオミシュ、長大な城壁が残るストン、静かな港町ツアヴタットを巡る。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 4

カルストによって作り出された風景が広がるクルカ国立公園、世界遺産、シベニクの聖ヤコブ大聖堂を巡り、トウロギールに泊まる。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 3

エメラルドグリーンに輝く世界遺産プリトウヴィツエ湖群国立公園、初代クロアチア王国の王宮が置かれた歴史的な町ニン、かってダルマチア地方の中心として栄えた歴史ある都市ザダルを巡る。

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 2

中世の雰囲気をよく残しているロヴィニュ旧市街、ローマ時代から様々な時代に渡る数多くの遺跡、歴史的建造物が建てられており、世界遺産のエウフラシュウス聖堂が最大の見どころであるポレチュ、山頂にヴェネツィア時代の面影を残したままの姿を伝えるグロ…

旅の絵日記:2018年イタリア、スロヴェニア、クロアチア 1

作曲家ジュゼッペ・タルティーニの故郷ピラン、中世の雰囲気をよく残すロヴィニュ旧市街を巡る。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 12

ドン・キホーテの舞台カンポ・デ・クリプターナ、世界遺産の難攻不落の城塞都市クエンカを巡る。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 11

コルドバ中心部、ルネッサンス様式の記念碑的建築物群が世界遺産となっている双子の町ウベダとバエサ、ラ・マンチャ地方の旧都アルマグロを巡る。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 10

小セビーリャと呼ばれる白い町サフラ、後ウマイヤ朝時代の離宮都市メディナ・アサアラの遺跡、イスラム時代から続くアルモドヴァル城、イスラム文化が花開いた後ウマイア朝の首都コルドバを巡る。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 9

スペイン国境に近い要塞都市エルヴァス、その南を固めるサンタ・ルチア要塞、ポルトガルで一番美しい村の一つと言われるモンサラーシュを巡る。サフラ泊。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 8

城壁に囲まれた世界遺産の古都エヴォラ、イベリア半島最大でヨーロッパ最古の人類のモニュメントとされる巨石遺跡アルメンドレス遺跡、「鷲の巣」と呼ばれる天井の村マルヴァオンを巡る。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 7

ロマンチック時代の最初の風景庭園の一つシントラのモンセッラテ公園、ポルトガルの首都リスボンでは、ベレン地区の2つの世界遺産、旧市街を観光。

旅の絵日記:2019年スペイン、ポルトガル 6

六日目、テンプル騎士団が拓いたトマール、とその本拠であったポルトガル最大のがキリスト修道院、ポルトガルの勝利を記念したバターリャ修道院、「谷間の真珠」と呼ばれた美しい町オビドスを巡る。